魅惑の国「プーケット・タイ」

タイ王国

魅惑の国「プーケット・タイ」
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

恋するビーチ「プーケット・タイ」

 プーケットは、総面積、約543km²南北に続く細長い形をした、首都バンコクから南へ約900Km離れた、タイで最も広い面積を誇る島です。アンダマン海に浮かぶプーケットは、山と海の両方の大自然に囲まれ、その創大な美しさから別名「東洋の真珠」とも言われています。

 プーケットの人口は約249,446人で、1800年代に錫の産地として栄えていたプーケットに、出稼ぎにやってきた福建系中国人の末裔である多くの華僑が多く住んでいるほか、プーケットの先住人でもあるチャオレーと呼ばれる、海を拠点に生活する少数民族が、島内南部のラワイビーチ、プーケットタウンから車で10分ほどのレーム・トゥッケーと呼ばれる場所を拠点に、現在も漁業を営みながら生活をしています。

 宗教は、仏教徒が60%。イスラム教徒が35%ほど。キリスト教を始め他主教も布教されており異宗教信者も少数ですが存在しています。プーケット最大の町でもあるプーケットタウンでは、中華寺院、イスラム寺院、キリスト教教会が点在していますが、宗教上のトラブルもなくお互いの宗教を尊重しながら宗教の自由を身近で感じられる、世界でも数少ない平和エリアです。
 

プーケットの気候は?

熱帯モンスーン気候のプーケット。大まかに分けると雨期と乾期の2パターンです。

■雨期は、5月~10月。日本の梅雨のようにシトシト、ジメジメ、ドンヨリという感じはなく、よく晴れていた天気が逆転して突然雨がふりだし、すぐにカラッとした天候に戻るといった晴れ間とスコールが繰り返されます。そのため突然スコールが降ってきたら無理に動かずどこかで雨宿りをするのが正解。しばらくすれば小雨になりまた動くことができます。この時期は、島の西側に属すビーチは、波が高くなりますので、ライフ・ガードが常任するビーチもありますが泳ぐ際には、くれぐれも注意をしてください。海の透明度は乾季とくらべて非常に悪くなります。
 雨期は、天気が優れず観光客が少ない時期なので、ローシーズンと呼んでいます。この時期は、ほとんどのホテルが宿泊料金を乾期(11月~4月)に比べてと大幅に値下げする時期。天気にはこだわらずスパなどを利用してのんびりと過ごしたい人や、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しみたい人にはお勧めな時期です。

■乾期は、11月~翌年4月。雨期とは打って変わって好天候の青空のが続くプーケットのベストシーズンです。その上クリスマス&年末年始を挟むこともあり、世界各国からたくさんの観光客が集まりホテルの宿泊料金も上がります。そのため地元ではハイシーズンといわれています。
 また、海も穏かで透明度も良く、国立海洋公園のシミラン諸島へのダイビングクルーズ船が出向するのもこの頃です。

アンダマン海に浮かぶプーケット島は、モンスーンの影響を受けやすくタイの都市バンコクよりも若干気温は高めです。平均気温が一番高いのが4月。日中の体感温度はの34度強になることも。一番低い時期でも12月から1月にかけて朝晩最低気温が20度前半になることもありますが基本的に暑く、平均30度前後です。

プーケットの時差

日本との時差は-2時間で、日本の正午がタイの10:00。サマータイムはありません。

プーケットの言語

公用語はタイ語で、英語は外国人向けの高級ホテルや高級レストランなどではある程度通じますが、一般の通用度は低いです。

タイ語には声調(イントネーション)が5つあり、例えば、カタカナで書くと同じ「マー」でも、声調によっては、馬、犬、来る、お母さん、といったように、まったく違った意味になってしまいます。また、タイ語には「丁寧語」があります。省略しても理解はできますが、丁寧に話すことがタイ社会のコミュニケーションの特徴なので、相手の地位や年齢に関わらず、双方がよほど親しい間柄でない限り、男性は「クラップ」、女性は「カー」を言葉の語尾に添えるほうが間違いがありません。
 タイの家庭内では自分の親に対しても、子は丁寧語を添えて話すのが普通というくらいなので、特に旅行者がタイ人と話すときは忘れないようにしましょう!

プーケットの治安

基本的には安全ですが、外国人旅行者の多いエリアや乗り物内では、盗難事件が多発しています。貴重品は肌身離さずが鉄則であり、観光地ではあの手この手で外国人から金品を巻き上げようとする詐欺まがいの犯罪があとを絶ちませんので、気を引き締めることが大切です。何か事件に巻き込まれたらツーリストポリスへ連絡を。外国語ができる担当者が対応してくれることになっています。

飲み水

 水道水は飲めません。中級以上のホテルなら、毎日無料の飲料水がサービスされています。また、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでは、飲料水の300ml入りペットボトルが1本6~10B程度で売られています。
 水道水を直接飲める日本は、本当に恵まれていますね。

プーケットの物価は高い?安い?

 タイは、日本の3分の1くらいの物価だといわれていますが、全てが安いわけではありません。例えば、タイで食べる「和食(日本食)」は日本で食べるよりも高いです。
 しかし、現地のものは、とても安く、交通費も安いです。特に屋台は激安!タイ料理のお店も安いです。

タイでは、日本でおなじみのセブンイレブンでさえ安いんですよ!

では、タイの中でもプーケットの物価は高いといわれていますが、実際はどうなのでしょうか?大丈夫です。日本からしてみると、そんなに高くありません。ただ、プーケットは観光地なので、外国人価格が設定されているそうです。

タイの中でも、プーケットの物価は、リゾート価格なのです。

プーケットのネット環境・Wi-Fiは?

タイでWi-Fiを利用するには、環境を構築しないといけません。

WiFi環境を構築する方法としては「WiFiルーターをレンタルする」もしくは「現地のモバイルネットワーク(現地SIM)を利用し、携帯電話からテザリングによりWiFiを飛ばす」の2通りがあります。

現地SIMを利用する場合はSIMフリーの携帯電話を購入したり、SIMの購入時だけ多少面倒なやり取りが必要となります。また、容量も決まっているので、無料通話分やインターネットのデータ通信量をオーバーしたら追加でチャージしなければならりません。

こういった部分が面倒な人は日本でWiFiルーターをレンタルするのがいいと思います。

日本からプーケットへの行き方は?

 日本からプーケットへは、飛行機で直行便では約6時間半、バンコク乗り換えで約8~10時間です。
 しかし、日本からプーケットへの直行便が少ないため、マレーシアやシンガポール等を経由してもプーケットへいくことができ、ストップオーバーをすれば一度の海外旅行で2ヶ国も楽しむことができます。
 

プーケット旅行ガイド | エクスペディア(英語です)

 非常に観光スポットが充実していますね。ホワイトタイガーにも会えるんですか!テーマパークがあったり、タイの文化に触れるには、最高の観光地ですね。寺院にも行ってみたいです。ビーチの知覚にも博物館や寺院があるそうです。タイの伝統的な踊りも素晴らしいですね。

伝統的なタイ舞踊

 手の動きがしなやかで、凄いです。真似したら、手が吊った(笑)
静かな動きの中に強さを感じます。

日本と飛び出して、世界で遊びませんか?

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう